人気ブログランキング |

白トリュフのせタリオリーニ

ピエモンテ州に来て、この時期味わうべきものは
白トリュフ!

トリノでの残り少ない日程の中、食べなきゃ帰れない気持ちでいっぱいだったので
ホテルのフロントで白トリュフを味わえるリストランテを聞いてみました。

「白トリュフ乗せを食べられたいのなら、どこでも+30ユーロ以上しますよ」
と親切に教えていただきました。

確かに30ユーロあれば、他のお料理でもお腹いっぱい食べることが出来ます。

c0000824_23425011.jpg


トリュフは樫や楢など木の根元に自生するいわばキノコ。
白トリュフは黒トリュフより香りが高く、珍重されています。
味自体はほとんど感じることがなく、もっぱら芳香を楽しむので
個々人の価値観にもよると思いますが
贅沢な楽しみとも言えるでしょうね。

覚悟を決めて、教えてもらったリストランテ「La Capannina」へ。
まだ誰もいないお店のドアを開け、
カメリエーレに「白トリュフが食べたいのですが」と伝えると
笑顔で「もちろんですとも、こちらへどうぞ」と案内され、ほっとしました。

ピエモンテの伝統的な前菜4種の盛り合わせを食べた後
いよいよ「白トリュフのせタリオリーニ」がやってきました。

先程のカメリエーレではなく、背広を着た老紳士がトリュフと
専用のスライサーをのせたワゴンを押しながら登場!

軽やかにサラサラとタリオリーニの上に削り始めました。

c0000824_23394653.jpg
c0000824_23412643.jpg










白トリュフの濃厚な香りが、私のテーブルのまわりを包みます。
香りを深呼吸するように深く吸い込むと酔いそうなほど!

手打ちの卵パスタにはこの地方のやや酸っぱい味のする
黄色いチーズが溶けています。
この豊かなパスタに芳醇な香りの白トリュフが絡まり
これ以上はないという風味を醸し出して
大変美味しゅうございました☆

後から入ってきた客達が皆、
この香りに誘惑され、数珠つなぎに「白トリュフ」を
注文していったのはおもしろかったです。

ちなみにこのお店は、トリュフの産地ALBAにも
ホテルとリストランテを持っているらしいので
いつかは是非行ってみたいと思います!
by tavolafelice | 2005-02-10 00:07 | torino
「味の見本市」へ! >>